昨日の本社全体ミーティングにて、サナダ自工の真田様、東京海上日動火災保険の亀谷様にお越しいただきまして、情報セキュリティについて研修を行いました。
資料を用いて個人情報とはなにかという基本からお話しいただき、情報漏えいを未然に防ぐにはどうしたらいいかなど普段の業務を思い出しながらグループワークを行いました。
個人情報の漏えいリスクは普段の業務に常に潜んでいます。
「氏名と電話番号」や「氏名と住所」など組み合わせなければ個人情報にはならないとのことで、「へえ~名前だけなら個人情報にならないんだ~」という声が聞こえてきそうですが、じゃあ利用者様のお名前を書いたメモをその辺に放り出しておいて良いかと言うとそういう事にはなりません。
お名前だろうとお電話番号だろうと、不要ならば処分する。必要ならば責任を持って管理することを心掛けなければいけませんね。

サナダ自工の真田様、東京海上日動火災保険の亀谷様、ご多忙のところわざわざお越しいただきましてありがとうございました。