こんにちは!訪問入浴介護事業所の池田です。
日増しに寒さが厳しくなってくると恋しくなってくるのが温かいお風呂。今回は冬場の入浴で起こりやすいヒートショックについて少しお伝えしたいと思います。
「ヒートショックとは急激な温度差によって血圧が急激に上下することで起こる身体への悪影響のこと」。1年のうちで12月、1月に多いと言われています。
ヒートショックの予防策をいくつかご紹介します。

1.入浴前に暖房等で脱衣場を暖かくし他の部屋との温度差をなくす。
2.服を脱ぐ前に浴室の床や壁に温かいシャワーをまくなどして浴室内を暖め脱衣場との温度差をなくす。(床が濡れると滑りやすくなるので転倒注意)
3.湯船に入る前に手や足といった末端の部分からかけ湯をして、徐々に体を暖めていく。
4.いきなり肩まで湯船に沈めずに足からゆっくりと入り徐々に肩まで沈めていく。
5.湯船から出る際は急に立ち上がらずにゆっくりと立ち上がり湯船から出る。
6.入浴の前後にはコップ1杯程度の水分補給をする。

寒くて冷えがちな冬はお風呂で温まり一息つく楽しみな時間です。頭の隅にでも入れて頂ければ少しでも安全に入浴できるかなと思います。
これから風邪、インフルエンザなど流行ってくるかと思いますので手洗い、うがいで予防をし私自身も含め体調にお気をつけ下さい。