弊社が顧問社労士として、これまで労務管理や助成金活用、就業規則改定、人事制度構築、人材育成講義など様々なカタチでご指導ご助言を頂いております社労士オフィスワン様の経営方針発表会にお招きいただきました。場所は札幌プリンスホテル国際館パミールで約50名を超える大人数で厳粛な雰囲気の中にも笑顔あふれる沢田先生のプレゼンテーションで始まりました。

弊社から田中社長、工藤部長、高嶋管理者の3名が参加しております。

沢田先生のいつもとおりの底抜けの明元素なお人柄。
社員一人ひとりも引き寄せられるように皆さん明るく 元気な挨拶で素晴らしいホスピタリティでお招きいただきました。
沢田先生はこれからは、沢田個人としてではなく、事業所の「組織」としての成果をあげていくことを目標とすると仰っておりました。とても素晴らしいことです。 我が社も個人から組織へ、いつも元気な挨拶が出来る会社へ 
改めて大きな学びをいただきました。

司会者が素晴らしい司会ぶりでしたので、発表会自体がとても良い緊張感と雰囲気を感じました。 一人ひとりの座席に用意している札にメッセージが書いて あったり、ウェルカムドリンクにも一工夫があったりとウェルカムな演出、ホスピタリティ溢れる取り組みに感動いたしました。 

会社=社長というのではなく、社員全員が方向性を理解しベクトルが揃っているように感じられ、目標に向かってそれぞれの役割担当者が責任感と主体性を持って臨んでいると強く思いました。それらをブランディングをうまく活用して 社員全員で参画しての計画立案、具体的な行動計画に繋がっているのだと感じました。 

我々も社員一人一人が、自身が会社に、社会に対して自身ができる事、やりたい 事で どのような貢献ができるのかを真剣に考え、行動に移していくことが必要である と感じました。 
与えられただけものは負担にしかならないが、自らがやりたい事に関しては負担 にはならない。 最初は与えられたものでも、その中で自分がやりがいと責任をもって仕事に臨めるスタイルを自ら考え実践することができる、我々自身もそうありたいと思いました。
また、新しい素敵なご縁をいただけたことにも感謝です。 
参加させていただき、本当にありがとうございました。

光栄にも大勢のご来賓の先輩諸兄の方々がいらっしゃる中、当社代表が乾杯の挨拶をさせていただきました。合わせてありがとうございました!